ドッグフードは高タンパクが良いの?

ドッグフードにはそれぞれ犬の年齢によっても異なりますが、できる限り高タンパクのドッグフードを与えるといいと言われています。高タンパクと言うと太りやすくなりそうなどマイナスなイメージを持っている方もいますが、実は犬にとって必要不可欠な栄養素であることを忘れないようにしましょう。では具体的にタンパク質の働きについて見ていきましょう。

まずタンパク質は身体を構成する働きがあります。具体的には筋肉や骨、皮膚、被毛など犬の体は全てタンパク質で出来上がっています。タンパク質がないと健康的に生きていくことができません。犬は何を食べたいのか飼い主に言うことができません。色々なドッグフードが売られていますが、健康のためには高タンパクのドッグフードを選んだ方がいいと言われています。

また、代謝や免疫を担います。細胞の中には酵素があります。酵素は代謝の役割を担っていますが、その酵素もタンパク質でできています。更に免疫細胞を作っている造血組織にもタンパク質が必須です。

説明したことからわかるように犬の体のほとんどの部分にはタンパク質が必要です。高齢期などではない限りできる限り高タンパクのドッグフードが勧められているのはここで説明したことが理由です。

Pocket